スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

オーストラリアのマッサージの資格

4月に入り、朝晩は冷え込むようになったメルボルンです。

 

日中日差しがあると暖かい日々でしたが、週末から雨。。。

 

今日は集中豪雨の予報が出ています。

 

 

さて、よくマッサージの資格などで「オーストラリアの国家資格」

という日本語表現をみかけます。

 

オーストラリアには州ごとに教育システムが違うのですが、

高等教育に関しては連邦政府による資格枠組みAQFがあります。

 

それらは国内の高等教育レベルを同等にするため、

教育機関は政府の認定を受け(RTO登録)、提供するコースの

高校生から受けられるレベル1から大学レベル(レベル7〜)の

規定があります。

 

一般的に日本人がオーストラリアでよく取得する資格は

 

Certificate III(レベル3)

Certificate IV(レベル4)

Diploma(レベル5)

Bachelor(レベル7)

 

があり、これらはコース規定科目修了(卒業)=資格授与となります。

 

会計士も弁護士(法廷弁護士は除く)も看護師も国家試験はありません。

 

日本の場合、国家資格というのは国家試験に合格した場合に限りますので、

国家試験のないオーストラリアには国家資格というのは存在しない、と

思っていただいた方がいいです。

 

年に一度しか受験チャンスがないあん摩マッサージ指圧・はり・きゅう

国家試験に合格し、日本の国家資格を持っている者としては、

オーストラリアの誰でも取れる資格に対して、国家資格という価値は

ないと思います。

 

資格ビジネスで「オーストラリアの国家資格」を取得しましょう、と

いう広告をみかけますが、国家資格ではなく公的資格という程度です。

 

特にVocationalはコースを修了すれば誰でも例外なくもらえる資格です。

(AQFは技術系職種の教育レベルを統一するためにできたともいえます)

 

日本より公的資格の取得は簡単です。

 

もちろん、留学して英語で取得した資格は感無量、プライスレスでしょう。

(私も看護コースを修了していますので気持ちはわかります)

 

けれども、授業時間だって日本の学校は3年間で3000時間くらい

授業時間がありますが、こちらの学校は1年ちょっとで800時間にも満たない。

 

日本のあん摩マッサージ指圧師国家資格保持者をリスペクトしていただきたい。

 

ご理解をどうぞよろしくお願いします。

 

オーストラリアでVocational(専門学校レベル)で勉強する場合、

学校の質が非常に重要になってきます。

 

学生ビザだけもらえれば質は問わないという場合もあるでしょうけれども、

せっかく通う(=資格をとる)のであれば学校を選んだほうがいいです。

 

特に最近。

アロマセラピーのAQFディプロマコースを提供する学校が出てきましたが、

コースの内容がかなり残念なことになっています。

 

おそらくアロマセラピーを勉強したことにはならないのでは?と

危惧しています。

(アロマのAQF資格保持、AQFトレイナー資格保持の立場的に)

 

学校選びのお手伝いもしていますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

 

いつもありがとうございます。

Yoshi

 

| 医療留学 | 09:00 | - | - | - | - |

現役医療従事者によるメルボルンの医療留学サポート

お久しぶりです。

2011年から始まった私の看護の勉強。

コース修了直後に公立病院の看護助手(アシスタントナース)としてフルタイムでの就職。

翌年夜勤で仕事を続けながら看護学部フルタイムに入学し、成績も良好(エッセイが得意なだけ)。

でも人生何が起こるかわかりません。

一身上の都合により退学。メルボルンへ引越し。

そして鍼灸と兼業しながらも、看護師として働ける技術と資格を取得。

今までオーストラリアの当たり前の医療(公立病院にかかるときの費用は国民・永住者は無料ですので)を知りたくて、5年ほどかかわってきた看護への取り組みがとりあえず完結した形です。

まだこのあと資格を活かして就職する道もありますが・・・

 

このたび、既存の鍼灸業に加えて私の個性いっぱいの留学代理店として、日本で海外でマルチカルチャラルに活躍したい!という願いをお持ちの医療職の方々をサポートしていくことになりました!

 

私のオーストラリアでの経験すべてが凝縮されたサービスをご提供してまいります。

詳細は以下の通りです。

 

 

基本サポート 960ドル

※この基本サポートを通じて12週以上正規留学コースに入学申込みをし、入学した場合、入学後2週間ののち奨学金として基本サポート料を返金プレゼントします!

したがって基本サポート料は実質的に無料になります。

サポート内容(含まれるもの)

代理店の一般的なサービス

代理店のまれにみられるサービス

★★かなり個性的なサービス(代理店が個人規模だからできることです)

 

留学前メールカウンセリング

看護・医療プログラム・コース・学校紹介と入学申込み(ビザ取得もひそかにサポート)

学費やホームステイ費用などのお支払い(直接学校へ・または弊社経由で)

空港送迎(出迎え)※手配でなく出迎えそのものを私のほうで行います。

★★到着からシェアが見つかるまでの宿探し、あるいは我が家の個室を1泊30ドルでご提供

ホームステイ手配 ※ホームステイ先は学校が紹介してくれますので、入学申込み時に学校に依頼します(手数料がかかります)。

※私の個人的な体験上、30歳過ぎてのホームステイはおすすめしません。。。一緒にシェア先を探しましょう!

大きな荷物預かり ※ちょっと旅行に行くときや一時帰国に便利です。

 

以上が基本サポートの内容です。

 

 

ぶっちゃけ留学生向けに看護教育や医療英語コースを提供している学校はあまりありません。

メルボルンでは Melbourne Language Centre のみです。

留学サポートで一番大切なのは、実は留学先(メルボルン)でどう過ごすか、学校で習う英語だけでなく、あなたの英語力を学校外でどう伸ばしていくか、なんです。

そんなわけで、有料になってしまいますが、さらなるサポートをご用意していますのでご紹介します。

留学が終わるころ、あるいはメルボルンを去るときにこのサポートがあってよかった、と必ず思ってもらえるような内容になっています。

実際、今まで10年ほどの間、我が家にオーペア(家事育児を手伝ってもらう代わりに個室・食事を提供し、家族同様に過ごしてもらう)さんがいたり、シェアしていたワーホリさんを含む学生さんが何人もいて、私はたくさんの20代、30代の方をサポートしてきました。

例えば、前の家から家までお迎え、家から次のシェア先までの見送りというのは当たり前で、ドライブでペンギンツアー・サーフィン・野生動物ナイトツアーなどなど、履歴書アドバイス、仕事探し、シェア探しや彼・彼女紹介まで(!)

意外とメルボルンに住んでた(滞在していた)と言っても、表面しか知らずに帰国する若い方がとっても多くて残念に思っています。

10年以上住んでいる私でも使わないようなブロークン英語を覚えて帰国してしまう方も多かったり。

私が医療職なためにサポート対象が限定されてしまいますが、もしも医療職ではないけど私のサポートを受けたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にメールください。

 

 

メルボルン医療留学、その成功を加速させるホストマザー・メンター的丸ごとサポート 1000ドル

サポート内容(含まれるもの)

★★メルボルン到着からサクッとメルボルン生活を始められる実地サポート

公共交通機関と交通 ※メルボルンにはトラム、バス、電車があり、道路はやや特殊になっています。

治安管理 ※メルボルンは貧富の差が激しいので実情を体験します。

携帯電話契約 ※田舎に行くか行かないかでどこのプロバイダーがいいか変わってきます。

マルチカルチャーメルボルンのB級グルメ情報 ※物価が上がっていてもお得なお店もあります。

バイトの探し方・履歴書作成(英語サポート込み)

クリニックボランティア(英語力により)

シェア探し(英語サポート込み)

シェアまで送迎(見送り)

 

★★滞在中の英語力が向上するための実践サポート

履歴書作成(英語サポート込み)

シェア探し(英語サポート込み)

オーストラリア人医療従事者とのお茶会(おしゃべり)

代替医療あるいは理学療法クリニック訪問

医療従事者(英語力により日本人あるいはオージー)との交流会セッティング

 

★★正規の医療留学以外の関連コース紹介・受講サポート

アロマセラピーインストラクター資格

オーストラリアスポーツ医学協会スポーツトレーナー資格

レイキレベル1〜マスター資格

 

おまけ(というかこれが一番ポイント高いかも)

★★家族ぐるみのサポート(豪州内の緊急連絡先、郵便受取先としても使えます)

※我が家で提供します(なんでも知っててなんでもできるオージーと英語ネイティブ日本語も少しできる中学生と小学生)。家族と一緒に出掛けると観光地化していない場所に行けるので、もっとメルボルン(オーストラリア)を楽しんでもらえると思います。

 

オーストラリア在住13年、留学経験者として、シドニーのAPLaC元住人として、起業家として、経営者として、日豪国家登録鍼灸師として、ナースとして、カウンセラーとして、母(ホストマザー)として・・・私の波乱万丈な人生経験をベースに、温かく、時には厳しくサポートさせていただきます。

 

お問い合わせはメールにて ahappiermedium@gmail.com よし まで。お待ちしています。

 

 

| 医療留学 | 17:50 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
a happier medium=Chu-Do clinic 日本語ウェブサイト
ご訪問ありがとうございます。 こちらはオーストラリア(シドニー→2013年10月〜メルボルン)の鍼灸・マッサージ・風水師 由(Yoshi)の日本語版ウェブサイト&ブログです。 2013年10月現在、メルボルン市内Collins Stの中央ブロック・アーケード3階にChu-Do Japanese Acupuncture & Massageを開業し、「お知らせ」には施術のご案内など、おもにメルボルン在住の方々に発信しています。 「思うところ」は私が日頃感じたこと、 「いろいろ」には豪州の伝統医療(相補・代替医療)情報、シドニー、メルボルンのことなど。 日本や世界の方々ともつながれたらうれしいです。
本棚
まだあります。ブクログバナーをクリックしてください。
ブクログ
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM