スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

セミナーじゃなくて「ワークショップ」

こんにちは。

今年から始めたワークショップ各種について、書いてみます。



子どもの頃は先生という職業に興味がありました。

6年生の卒業文集に書いた私の将来の夢。

ピアノの先生になる、と(汗)


でもまぁそのあとの人生の影響もあり、先生が嫌いになります。

大学もあえて教職がない学科を選んだというか。



そんな私も鍼灸マッサージで20年。。。

そろそろ経験で得た智慧を人々にシェアしてもいいのでは?と


それで2014年にTAFEや専門学校などで提供している公的コース※を教える資格を取りました。

※Australian Qualification Framework で認可されたコースコードのついているCert IV
など。一方、私的コースというのはコースコードのついていないDiplomaなど。


スマホやコンピュータでいつでもインターネットにアクセスできる今日この頃。

情報なんていくらでも手に入ります。

しかも代替補完医療の情報なんて、ほとんどがビジネスのために発信されている情報ですし。


私が講師をするなら、情報セミナーでなく。

本質、大切なことへの気づき「Ah~ha!」、実際に手で触れる体験を。

そんな思いでhands-on 手から手へ、の少人数ワークショップにこだわっています。



はり灸師としても、お灸が広まるのはうれしいです。

だからちゃんと本質的なことをわかった上で、ご自分のセルフケアに役立てていただきたい。

アロマセラピーマッサージも、公的アロマセラピスト資格を持っております。

そのコースで習ったアロママッサージ手技、実はすごいです。

でも、過小評価されていて残念なので正しいアロママッサージを広めたい。

気功整体、気功であらら不思議。身体が整って行きます。

気功は自然のエネルギーを使っていますが、若干鍛錬が必要です。

でも本質をわかっていれば誰でも簡単に感じることができ、めぐらせることが出来ます。



なんでも本質はシンプルです。簡単です。

考えすぎると(自我エゴがはいると)難しくなりますが(汗)


皆さんの人生の糧として、ワークショップが少しでもお役に立てれば幸いです。




 
| 価値観・信条 | 10:52 | - | - | - | - |

マインドの力とマインドコントロール

ABCの番組、Redesign my Brain という番組があります。

http://www.abc.net.au/tv/programs/redesign-my-brain-with-todd-sampson/

パーソナリティToddが脳を書き換えて(redesign my brain)、
信じられないチャレンジをする、経過から結果までを追います。

彼の番組がやらせではないと仮定すると(テレビですから可能性は否定できません)、
彼は本当に脳を書き換えて、彼のそれまでの限界を大きく超えてしまいました。

この番組をみたとき、マインドの力はすごいなぁと思いました。
※マインドの力は脳を含むダイナミックなエネルギーだと私は思います。

私自身もこの人生で信じ難い奇跡的と思える出来事がありましたし、
日本だとお正月の新春隠し芸大会では芸能人の出演者が猛特訓の末に
すばらしい芸を披露してくれますし、有り得ない話ではないと思います。


この番組の例は極端ですが、私たちは誰でもマインドをコントロールすれば
変わりたいと思えば脳を変えられるし、すごい能力を発揮することが出来ます。


良いマインドコントロールは人を自立、「私はできる」へと導きます。

いわゆる能力開発で人は変われます。



一方、マインドコントロールは悪い方向へも使われます。

というか、本当の意味でその人のためにはならない使われ方がほとんどです。

依存性のある人、暗示に弱い人をマインドコントロールするビジネス。

一見人々のために見えるけれども、実は人々を搾取している。

特に代替療法業界に多いです。


私がクライアントさんの「マインド」の力を使うとしたら、
マインドコントロールは良い方向に。

皆さんが人として健康に自立する方向に進んでいただきたい。

例えば鍼灸ではたまに受けにいらしていただくのはいいのですが、
改善した方には1ヶ月も前からの予約はおとりしません。

理由は、1ヶ月も前から予約を入れると、健康で過ごしていらしても
予約日の数日前になったら具合が悪くなりました、とかよくあるからです。

私にはクライアントさんの健康への自立を妨げているとしか思えません。

辛くもないのに予約を入れる必要はないです。


体調管理のためとかいって、継続して施術を受けに来ていただく。

継続して摂ってもらう。

代替療法業界では当たり前のことですが、エグジットポイントがない。

それでは薬が止めれない通常医療と同じになってしまいます。


代替療法は人々のマインドコントロールの力、
治りたい力を借りてこそ成り立っていると思います。

少なくとも私は人々のマインドの力を良い方向に導いて
健康になっていただくお手伝いをします。



代替療法に頼らないエグジットポイントを設定しましょう。


当治療室では、まずセッションの前に私がご説明しています。

症状がでているお体には理由があります。

そして症状がでない、治ったお体にも理由があります。

それが施術のビフォー・アフターです。

お体の形が変わると心が変わるし、心が変わるとお体も変わる。

私は幸い心理カウンセラーではなく東洋医学施術者なので、
身体に触れて心身を良い方向に変えていくお手伝いができます。


代替療法はそもそも通常医療に不安が強い人、信じやすい人が
多く受診なさいます。

そういった人々に依頼される、頼られる仕事だからこそ、
依頼されすぎず、人々が真に自立していただけるよう努めます。



マインドコントロールの力を善用しなければと強く思います。

 
| 価値観・信条 | 17:12 | - | - | - | - |

「共依存」をご存知ですか?

ご無沙汰しています。

最近はfacebookのほうに投稿していて、以下はfbに投稿した文章ですが、日本語の記事はやはりこちらのブログに書くことにしました。


大学時代は臨床系心理学を専攻してました。
そもそも高校時代に人間関係に悩んだからなんですけれども、
昔の自分、というか、メルボルンに引越して来るまで共依存だったな〜と強く思います。

そんなわけで、「共依存」は病的な人間関係だと思っているし、鍼灸やマッサージで出会うクライアントさんにも依存の強い方が多くみられるので、そういう方が鍼灸なり、マッサージなり、サプリなり、自分以外の物やサービスに常時依存しないで健康になる、自立(自律)していただけるようなサポートもしているつもりです。

なので、20代の方なら1回、50代の方でも4回くらいで良くなっていただけるような鍼灸治療をご提供しています。レイキのアチューンメント的な意味もあって、イニシャルを受けるとそのあとけっこう久しぶりに受けにいらしても、1回で充分改善したりします。

私は予約を強要しないし、治るのはご自身なので「◯◯回受けないと治らない」と言いませんから、クライアントさんの中には、そんなんじゃ商売にならないでしょ?とおっしゃる方もいます。でもまぁ皆さん予算もあるでしょうし(私自身実費でマッサージとか鍼治療を受けないし)、喜んでくださってお友だちをご紹介くださるし、もともと鍼灸は歳を取ってからが本番と思っているので、今は細々と続けて、できるだけ多くの方に受けていただいて改善を感じていただければうれしいです。


今後はまた看護の勉強だけでなく仕事も始めようかと思っているので、さらに診療時間が少なくなるかもしれませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

共依存とは?
こころのこくばんさんのサイトからリンクさせていただいています。
とても良く書かれていて素晴らしいです。

http://cocoronokokuban.jimdo.com/共依存と依存/

| 価値観・信条 | 21:16 | - | - | - | - |

オススメ!ディジュリドゥープレイヤー・Koji Matsumoto

今日はたまたま、ワランダイトという、イースタンサバーブの奥地へ。

ディジュリドゥーとアボリジニカルチャーのフェスティバルに行ってきました。

行けたのは本当に遅い時間でしたが、やっぱり行って良かったなと思いました。

プレイヤーの中に日本人のディジュリドゥープレイヤーがいました。

Koji Matsumotoさん。

実際の演奏は聴けませんでしたが、私が彼を見かけて話しかけたところ、
きさくにこたえてくれました。

そして帰り間際にまた彼をつかまえて、CDを買わせてもらいました。

全然売る気はなかったみたいですが、彼の演奏をきけなかったことと、
彼も私と同じくアンチ・バイロンベイとわかり、彼は本物!と思えまして。

本当に本物!の方でした。

http://youtu.be/gEO16gfnzyw


あと、メルボルンでもバスキングなさってたんですね。


私が買ったCDは Matsumoto Zoku の Tribarhythm です。

このCD、ちょうどそばにいた彼のファンの方のオススメ。

Koji Matsumotoさんと、Reo Matsumotoさんから成る、
Matsumoto Zoku。


すばらしいですね。

去年はメルボルンに住んでいたけどシティとは無縁だったので気づきませんでした。

真剣なアーティストに出会えるととてもうれしいです。

うれしくなったのでシェアさせていただきました。

気になった方は、彼らのFacebook Matsumoto Zoku にアクセスしてみてください。




いつもありがとうございます。

Yoshi(よしえ)

 
| 価値観・信条 | 21:31 | - | - | - | - |

「患者さん」と呼ばない理由。

昨日と今日と、久しぶりにメルボルンの11月らしい天気ですね。
(といっても去年の1週間しか11月のメルボルンを知りません。)

でもまた明日は寒くなるらしいです。

気圧や気温、湿度は自律神経に大きく影響しますので、
体がついて行くのが大変ですね。

どうぞご自愛ください。

******************************

さて、これはもう信条の問題です。

鍼灸を受けてくださる方を患者と呼ぶか、クライアントと呼ぶか。

私は医療マッサージも提供してることもありますが、統一して
クライアントと呼ばせていただいています。


例えば公的医療では、病院に入院する人は妊婦も含めて
患者と呼ばれます。

地域のヘルスケアセンターを利用する方を、クライアント(依頼者)、
介護福祉施設ではレジデント(居住者)と呼びます。

GPにかかる場合には私たちは患者になります。

そしてGPの指示に従います。

GPの前で、なかなか言いたいことを言えないこともあります。


患者とクライアントでは立場がまったく逆なのをご存知ですか?

患者というと弱い立場、治療する側が強い立場になります。

あなたは患者です。

患者は施術者の指示に従ってください。

というか、施術者に従うのが当たり前、な雰囲気。


その症状には週2回来ないと治らないとか、
1回の治療を3ヶ月続けなければならないとか、
治療を受けなければ将来もっと悪くなる、とか言う施術者もいます。


本当にそうでしょうか?

人には自然治癒力があります。

時の移り変わりが人を癒すことも多々あります。


クライアントも厳密には弱い立場です。

でもクライアント(依頼主)のほうが請負人より強いです。

依頼主あっての請負人ですから。

請負人としてプランをご提案しますけれども、
今後も治療を受けるかどうかは依頼主が決めることです。


私は鍼灸は技術職であり、鍼灸師は職人だと思っています。

職人として治療を請負います。

そしてご期待に沿うよう知恵と知識と技を活かします。

私の仕事にご満足いただいた上で、次もご依頼いただくか
ご自身で決めてください。

そもそも健康になるかどうかは施術者が決めることではなく、
ご自身の中にあります。



いつもありがとうございます。

Yoshi










 
| 価値観・信条 | 16:07 | - | - | - | - |

反面教師

 以前スピリチュアリズム普及会のリンクを書いて、記事をアップしたことがあります。

マザー・テレサについても、書いていることは間違ってはいない感じなのに、なにか後味が悪い・・・。

そんな感じがしていました。

それで、先日リンクを貼った、ヤフー知恵袋のセシルさんがスピリチュアリズム普及会についての質問に回答を出していて、それがめちゃくちゃしっくりきたのでリンク(傍線部をクリックしてください)しておきます。


後味の悪さは、公共の場(会のウェブサイト)における会の江原氏に対する個人攻撃だったからだとわかりました。また、たとえ彼のしたことが間違っているとしても、彼はすでにそれを悔いているかもしれないし。。。

たぶん彼らは自分に厳しい。それを実践するだけならいいのですが、他人にも自分に課すのと同じレベルの厳しさを要求するのが問題なのだと思います。

あと、あまりにもスピリチュアリズムに傾倒しているので、彼らの正義に反している世間全体が許せないのかもしれません。。。

私も子どもの頃からけっこう正義感が強くて自分に厳しく他人にも厳しいタイプで、それが故にいじめられたこともあるし、細かいところや裏側まで見えてしまうので、気になることが多くなってしまって、彼らの気持ちはわからなくもないのですが、相手を追いつめないことに決めたので以前よりはだいぶ流せるようになって改善されています。が、一生の課題です。

幸か不幸か、たとえば私の子どもたちはある種の先天的な障害を持って生まれていて、自分の厳しさや「私の子はこうあるべき」というのを彼らに要求することは必然的に諦めざるえませんでした。子どもは学びを与えてくれます。。。


スピリチュアリズムは知るほどにどんどん難しくなります。

知らないほうが幸せということもあります。一度知ってしまったら、それがまた乗り越えるべき苦しみになっていくのですね。。。もともと苦しいことにチャレンジして乗り越えることは好きなので、実はそれが生き甲斐だったりします(^^)


| 価値観・信条 | 22:18 | - | - | - | - |

死は悲しいもの?

私はスピリチュアリズム=死後の世界はある。人生は苦しむもの。学びの場である。
肉体は死んでも魂は霊となり、永遠の生命である=を信じています。


スピリチュアリズムの原点はイエスの教えにあります。

(ただし、キリスト教の聖書は加筆修正が加えられているので、すべてが彼の言葉ではありません。)


さて、スピリチュアリズムの哲学からすると、人生は修行の場。
苦労して霊性を高めるために私たちは現世に生まれてきました。

だから死ぬことは悪いことではないのです。
スピリチュアリズムを知っているなら、悲しむよりも喜んであげたい。
この苦しみに満ちた地上界を去って、苦しみのない霊界へ行けるのですから。

ただし、自殺は許されません。自分の意志で死ぬことだけでなく、早く死にたくて自分の体を大切にしなかった故に死に至ることも。


病院の仕事で、患者さんの死に接するときがあります。
特に忘れられないのは、脳に障害を持ちながら生まれ、成長し、闘病の末、
享年35歳で亡くなったP君。
涙は流れるけれどもかわいそうとは思わない。
苦しかっただろうけれど、その分今は霊的成長を遂げて
霊的世界の高い位置で幸せに過ごしているでしょう。


参考ウェブサイト:
死についての記述 スピリチュアリズム普及会より


| 価値観・信条 | 01:01 | - | - | - | - |

スピリチュアリズムとイエスと天使

ずっと今まで、スピリチュアリズムの霊的真理とイエス・キリストの教えは同じだなぁと思っていたのですが、以下のような解説(スピリチュアリズム普及会)を見つけました。読んでみたら妙に納得。イエスは人間として普通に生まれた。ありえないほどの高い次元の霊性をもちつつも(霊界では天使だったらしい)、やっぱりこの世に存在していたときは人間だと私も思っていたのです。

クリスチャン(キリスト教信者)の方々にはちょっと受け入れ難い話かもしれませんが、読んでみていただき、そういう考えもあるんだと思っていただけたら幸いです。


スピリチュアリズムが教えるイエスの真相2


スピリチュアリズム普及会が発信することはけっこうストレートで、謙虚そうにみえて実は微妙にスノビッシュ。先駆者としての誇りがそうさせるのか、キツイなぁと感じることがありますが、ひとつの考えとして心に留めておいてもいいと思って読んでいます。





| 価値観・信条 | 21:15 | - | - | - | - |

マザー・テレサの表と裏

 マザー・テレサほどの偉大な人も、陰陽論に反することなく、裏の心があったと知りました。表の光が強かったゆえに、裏の闇も強かったのではないかと想像します。

マザー・テレサの「心の闇」の問題と題して、スピリチュアリズム普及会が解説しています。マザー・テレサはクリスチャン(原始キリスト教でなくカソリック・キリスト教の教義を信じる人)でしたが、霊的視点から観ると違った解釈ができ、なるほど、そういう捉え方もあるなと思います。特に最後のほうに書かれていることには同感です。
| 価値観・信条 | 09:51 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
a happier medium=Chu-Do clinic 日本語ウェブサイト
ご訪問ありがとうございます。 こちらはオーストラリア(シドニー→2013年10月〜メルボルン)の鍼灸・マッサージ・風水師 由(Yoshi)の日本語版ウェブサイト&ブログです。 2013年10月現在、メルボルン市内Collins Stの中央ブロック・アーケード3階にChu-Do Japanese Acupuncture & Massageを開業し、「お知らせ」には施術のご案内など、おもにメルボルン在住の方々に発信しています。 「思うところ」は私が日頃感じたこと、 「いろいろ」には豪州の伝統医療(相補・代替医療)情報、シドニー、メルボルンのことなど。 日本や世界の方々ともつながれたらうれしいです。
本棚
まだあります。ブクログバナーをクリックしてください。
ブクログ
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM